ホッパーゴトを詳しく説明。

ゴト情報の説明をしています。
ゴト行為は犯罪です。手口開示が目的です。

●ホッパーゴト

主にパチスロ台で行われるゴト行為となっています。
大当たりではない状態の時にメダルを強制的に払いだすという手口です。
メダル払い出し装置が誤作動を起こすことで発生します。

メダルが払いだされるホッパーと呼ばれる出口の部分にあるセンサーがついています。
このセンサーが払い出しの枚数を数えています。
このセンサーにゴト用の特殊な器具を差し込むことで、枚数を数えられなくさせています。
このため、小役であったとしても常にメダルが払いだされてしまう状態になってしまいます。

さらに単純なホッパーごとの手口として、強制払い出しスイッチというものを利用しているものもあります。
ですが、今パチンコ屋においてある現行のパチスロ台には強制払い出しスイッチがついているものがないため、ゴト被害を防いでいるようです。

また、ホッパーが回り続けていることで一定時間を超えるとエラーが発生してしまうようになっています。
そのため、ホッパーゴトを長時間し続けることも実際は困難です。

被害が減ってきているゴト行為ではありますが、まだまだ注意が必要と言えるでしょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) ゴト情報に関する記事を詳しく掲載しています。 All Rights Reserved.